地理の問題日本三大清流四万十川・柿田川ともう一つは
地理の問題

日本三大清流は四万十川・柿田川ともう一つは何川?

答え「長良川」です。

日本の三大清流は

  • 四万十川
  • 柿田川
  • 長良川

四万十川

四万十川(しまんとがわ)は、高知県の西部を流れる渡川水系の本川で、一級河川 。名水百選、日本の秘境100選にも選ばれている。。四国内で最長の川で、流域面積も吉野川に次ぎ第2位となっている。本流に大規模なダムが建設されていないことから「日本最後の清流」。全長196km。

柿田川

柿田川(かきたがわ)は、静岡県駿東郡清水町を流れる狩野川水系の一級河川。かつては泉川、周辺地域は泉郷と呼ばれていた。大量の湧水を水源とする日本でも稀有な川。全長は約1.2kmで日本で最も短い一級河川。「かきだがわ」と呼ぶこともある。

長良川

長良川(ながらがわ)は、岐阜県郡上市の大日ヶ岳に源を発し、三重県を経て揖斐川と合流し、伊勢湾に注ぐ木曽川水系の一級河川である。濃尾平野を流れる木曽三川の一つ。下流の一部では愛知県にも面し、岐阜県との県境を成している。全長166km。

いずれの川も「鮎釣り」や「うなぎ釣り」で有名な川です。いつか日本三大清流で釣りをしてみたいものだ。

関連記事

あわせて読みたい