2013年東大入試難易度

数学・・・やや難化(問5を解ききれた人は少なかったのではないでしょうか。例年以上に時間との勝負か)
英語・・・やや難化(傾向が変わった問題がありましたので戸惑った人も多かったのでは?自由英作文対策をしっかりしていた人にはありがたい出題。リスニングは易化)
化学・・・易化(問3を解けた人はかなり高得点が狙えそう)
物理・・・昨年並み(大問1の力学は完答しておきたいところ)
生物・・・昨年並み(問1はきっちりと得点しておきたいところ)
地学・・・やや難化(東大的な問題だが問題量が多い)
国語(理系)・・・やや易化(分量が減ったので時間的余裕が持てたでしょう)

理系科目は全体的には「やや難化」という印象です。

文系科目
数学(文系)・・・やや難化(問4の確率問題は文系にはやや難しいか)
国語(文系)・・・昨年並み(問4の評論はやや読み取りにくい)
世界史・・・昨年並み(少し分量が増えた)
日本史・・・昨年並み(東大らしい東大の標準的な問題)
地理・・・例年並み・昨年よりやや易化(東大らしい東大の標準的な問題)

2013年東大入合格最低点予想

理科Ⅰ類  320/550 実際の合格最低点315.7333
理科Ⅱ類  310/550  実際の合格最低点302.7333
理科Ⅲ類  370/550 実際の合格最低点370.3889

文科Ⅰ類  320/550 実際の合格最低点348.5333
文科Ⅱ類  340/550 実際の合格最低点342.5000
文科Ⅲ類  350/550 実際の合格最低点347.2111

2次個別試験はやや難化、センター試験もやや難化していましたので今年(2013年)の合格最低点は全体的にやや下がると予想しています。
今年は文科Ⅰ類で第一段階選抜が実施されなかったこともあり文Ⅰの合格最低点の上げ幅が大きいのではないかと予想しています。

京大はこちら→2013年京都大学合格最低点予想と難易度

あわせて読みたい