京都大学法科大学院のデータです。

 

どの法科大学院を受験するか選ぶ際の情報となれば幸いです。

 

平成22年度京都大学法科大学院の募集定員は160名。そのうち法学未修者(3年制)35名程度。法学既修者(2年生)125名程度。

 

京大法科大学院出願の際の注意点。

 

京都大学法科大学院では『他学部出身者と社会人を募集総人数の3割異以上合格させる。 』と明言しています。

ここでいう他学部出身者とは

『大学で法律学以外の学問分野を専攻した者をいう。主として政治学等の隣接分野を学修した者を含む。』

 

ここでいう社会人とは『京都大学法科大学院入学前に、少なくとも1年程度、主として学業以外の活動に従事した経験を有することとなる者をいう』

 

そのため、京大法科大学院の法学未修者枠は、これらのいずれにも該当しない者が合格することは極めて困難となる。法学部の出身で社会人に該当しない者は、法学既修者枠に出願することを推奨している。

 

法学部出身者で社会人に該当しない人は注意が必要である。

あわせて読みたい