2022年大学入学共通テストは史上最高に難しかった。

大学入学センターは2月7日に大学入学共通テストの平均点の最終集計を発表した。

大学入学共通テストは昨年が第一回、今回は第二回ということになるが、大学入試センター試験時代を含めてもここまで難しい試験は無かった。

超絶難化した数学ⅠAはもちろんだが、日本史Bや化学などの7科目で、過去最低の平均点を記録した。

共通テスト前から合格受験合格大作戦では今年の共通テストの難化を予言していたが見事に的中した形になった。

大学受験合格大作戦の読者で共通テストの難化を事前にわかっていた人は落ち着いて受験できたことと思う。

2022年大学入学共通テストの平均点(本試験)

科目平均点
国語110.26
世界史B65.83
日本史B52.81
地理B58.99
現代社会60.84
倫理63.29
政治・経済56.77
倫理,政治経済69.73
数学Ⅰ21.89
数学ⅠA37.96
数学Ⅱ34.41
数学ⅡB43.06
物理基礎30.40
化学基礎27.73
生物基礎23.90
物理60.72
化学47.63
生物48.81
地学52.72
英語(リーディング)61.80
英語(リスニング)59.45
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事