大学受験も『安・近・少』~大学受験2009年度の傾向

産経新聞ニュースによると世界的な金融危機に夜景気悪化が深刻になり、高校教員の約7割が「受験生の進路選択に影響している」と感じているそうだ。

大手予備校河合塾の調査によると

①国公立大学など学費がい大学を選ぶ

②身にある大学を選ぶ

③受験校数をなくする

といった「安・近・少」の傾向が見られるようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000103-san-soci

 

また、推薦入試を受けることにより受験料と受験校数を減らすことを考えている受験生もいるようだ。

親が失業し授業料や入学金どころではないと考えている受験生もいるかもしれないが、大学には授業料免除や半額免除、奨学金制度などがる。

行きたい大学があれば決してあきらめず、自分だけで抱え込んでしまわず周りの大人に相談してみよう。

センター試験まであと数日。

気合を入れなおして頑張りましょう。

 

あわせて読みたい