東大受験には間違った情報が多く流れている。

 

『東京大学は日本一難しい大学だから、難しい英単語の意味を知っている必要がある。』

『京大受験に必要な単語数が6000語だから東大受験に必要な単語力はそれ以上である。』

『東大受験は単語を極めるために5冊以上の単語帳を極めなければならない。』

以上のような迷信にだまされてはいけない。

 

東大の英語で求められる能力は『英文をすばやく理解し、その要旨を把握する能力である』

難解な単語の意味をたくさん知っている必要は無い。

重要な頻出英単語をすばやく的確に判断する必要がある。

頻出英単語をしっかりとおさえ、多義語なども注意して覚えておこう。

まずは高校で使っている単語帳を極めることを考えよう。

 

おそらく多くの高校では4000~6000語レベルの単語帳を使っている。

東大を目指すにあたって東大合格者が使っていた単語帳や、小耳に挟んだ単語帳を使いたくなりがちであるが、まず学校で使っている単語帳を極めることを考えよう。

 

高校中退者や高校に行かず高卒認定から東大受験を目指す人、どうしても心機一転新しい英単語帳を極めたい人にお勧めするのは

です。

英単語ターゲットの特徴は英単語が頻出順に並んでいることである。

英単語の基本バイブルとしてはもってこいの単語帳である。

東大入試に関しては基本単語帳を極めた後、多くの長文問題で演習を重ねていくのが良いだろう。

どうしてももう一冊単語帳を極めたい人には

をお勧めする。

あくまでも基本単語帳をまず極め、その後余力があれば速読英単語にも手を伸ばそう。

学習塾や予備校の教材、高校での演習授業がしっかりしていれば速読英単語は特に必要ではないが、英語を得意分野にしたい人や十分な英単語演習を確保したい人は購入しよう。

 

東大受験お勧め英単語帳まとめ

①4000~6000語レベルの基本単語帳を極めよう。

②長文の中でしっかり演習しよう。

 

東大受験の英語は問題量も多く、限られた時間内で多くの問題を解く必要があるので十分な演習が必要である。

京大受験のような難しい英文解釈問題は出題されないので、その分多くの長文問題に触れておく必要がある。

 

あわせて読みたい