以前『すきこそ物の上手なれ』でバドミントンを使って勉強ができるようになる話を書きました。

 

私はバドミントンのことをバトミントンと表記していました。正しくはバドミントンです。

ちょっと調べればすぐにわかることですが今までずっとバトミントンだと思っていました。

思い込みって恐ろしいですね・・・。

 

恥ずかしいついでにバドミントンについて調べてみました。

バドミントンの誕生は諸説あるそうですが、最も有力なのがインド発祥とする説。

インドがイギリスの植民地だったころにイギリスの兵士が本国に持ち帰り、広まって行ったそうです。

 

その兵士がイギリスのグロスターシアのバドミントン荘という邸宅でこの競技を披露したのでバドミントンと呼ばれるようになったそうだ。

バドミントンは英語ではbadmintonと表記される。やはりバトミントンではないので注意が必要。

バドミントンあれこれ

  • バドミントンはインドネシアやマレーシアの国技である
  • バドミントンの羽はガチョウやアヒルの羽である
  • それ故鳥インフルエンザが流行るとバドミントンの羽の販売価格が上がる
  • ギネス認定のスマッシュ最高時速は350km(初速)

 

あわせて読みたい