【大学受験勉強法】自分自身のオリジナル勉強法を確立せよ!

世の中には数多くの勉強法があり、多くの書籍も出版されている。勉強で結果を残した人たちが書いた勉強法(自分自身の経験に基づく勉強法)から、塾講師や予備校講師、家庭教師や高校教師などが指導の経験に基づいて書いたものまで実に多種多様だ。

どの勉強法もすばらしい内容であり、そんな書籍を読めば自分も勉強ができる気になる。
受験勉強法
しかし、いざ実践してみようとすると「なかなか思うように実践できない」「勉強法どおりに実践しているが結果が出ない」という人も多いはずだ。

たまたま自分にあった勉強法に出会い、その通りに実践して結果を出す人もいるが、それは本当に運が良かっただけだ。

では、運に任せて「自分にあった勉強法」を探しまくればよいのだろうか?

ただ単に「自分にあった勉強法」を探すだけではいつまで経っても見つからない。自分でオリジナルの勉強法作った方が確実なのである。

私が受験生に接していて、たまに目にするのが「受験勉強法マニア」、「参考書マニア」の人たちである。

彼らは、勉強で結果を出すことではなくその前段階の「受験勉強法」や「参考書選び」に全力が注がれている。

それではその先にある、学力を向上させ志望校に合格するという真の目的にはたどりつけない。

いつ見つかるかわからない「自分にあった勉強法の本」を探すのではなく「自分自身のオリジナル勉強法」を自分で確立してしまったほうが確実なのである。

この「自分自身のオリジナル勉強法」は常に進化することができるし、大学受験が終わってからも自身の役に立つものである。

受験勉強が終わったら、大学の定期テストや資格試験向けに「自分自身のオリジナル勉強法」をカスタマイズしていけばいいのだ。

安田講堂

東大や京大に合格していく生徒の多くはこの「自分自身のオリジナル勉強法」を持っている。

彼らは勉強で結果を残したというだけでなく、工夫して勉強の効率を上げてきた「自分自身のオリジナル勉強法」を持っているのである。

東大生、京大生の就職がいいのは単に「東大卒」「京大卒」の肩書きや「学力」「大学での研究」だけでなく、こういった「自分自身のオリジナル勉強法」を持っているということも大きく影響している。

採用する側からすれば、自分の会社に就職して、効率よく仕事を覚え成長してくれる可能性が非常に高いということを知っているのである。

受験生の皆さんには「受験勉強法の本」や「学校の先生に教えてもらった勉強法」、「塾の先生や予備校で教えてもらった勉強法」、「家庭教師の先生に教えてもらった勉強法」などを鵜呑みにするのではなくそれらの勉強法の中で自分にあった部分を吸収し「自分自身のオリジナル勉強法」を確立していってほしい。

この「自分自身のオリジナル勉強法」は大学受験だけでなく一生の財産となるはずだ。

次回からは具体的な勉強法掲載していきますが、その勉強法も鵜呑みにはしないでほしい。
使えそうなところだけ吸収して「自分自身のオリジナル勉強法」の糧にしてほしい。

大学受験合格大作戦・大学受験勉強法

  • 【大学受験勉強法】自分自身のオリジナル勉強法を確立せよ!

あわせて読みたい