2009年(平成21年)の入試から京都大学工学部の入試(2次試験)に国語が導入されます。

ありがとうございます。
日本ブログ村の大学受験ブログで1位になりました!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験

京都大学工学部が求めている入学者は以下のような人物です。(京都大学HPより)

  1. 高等学校での学習内容をよく理解して、工学部での基礎学理の教育を受けるのに十分な能力を有している人。
  2. 既成概念にとらわれず、自分自身の目でしっかりと物事を確かめ、それを理解しようとする人。
  3. 創造的に新しい世界を開拓しようとする意欲とバイタリティーに満ちた人。

基礎学力の低下が話題に上っている昨今、京大の理系学部で唯一国語の二次試験が必要なかった工学部もついに国語の入学試験を導入しました。

受験生の気になるところはやはりその配点(ウエート)でしょう。

現在のところ京大から正式な配点は公式に発表されていませんが、そんなに高い配点にはならないでしょう。

2008年度までの工学部の一般的な配点が

センター試験300点

国語 150点

地歴 100点

数学 0点

理科 0点

外国語50点

2次個別試験700点(学科と配点方式により多少異なる)

数学250点

理科250点

英語200点

でした。

2009年度から国語が導入されることになりますのでセンター試験の国語の割合が減少するでしょう。

センター試験の国語の配点は50点か100点ぐらいになり、2次個別試験の国語の配点は100点か150点くらいになるかと思われます。

国語の導入により、他教科の配点も多少変更されるかも知れません。

うちの予備校でも国語が導入されるので阪大に変更しようか迷う生徒もいましたが、国語の導入は逆に京大工学部受験の狙い目かもしれません。

多くの受験生が国語を敬遠して阪大に志望校を変えがちですから・・・・。

ちゃんと今の時期から二次国語対策をしておけば、今年の京大工学部入試は倍率的にも狙い目かもしれませんよ。

京大から正式な工学部の配点が発表されれば【大学受験合格大作戦】に掲載したいと思います。

京都大学←合格大作戦の京大受験情報・難易度

京大合格大作戦 ←京大合格為の情報カテゴリー

大学受験ホームページランキング←大学受験ホームページはこちら
大学受験ブログランキング←大学受験ブログはこちら(京大受験コミュニティもあるよ)

あわせて読みたい