自宅から受験会場までの距離が近ければ、当日自宅から受験会場まで赴くのが良い。

勉強しなれた環境で最後の仕上げをし、受験当日を迎えるのが最適だからである。

 

自宅から試験会場まで2時間以上かかる場合は試験会場近くに宿(ホテル)をとったほうが良い。

ホテルを選ぶ際のポイント

なるべく試験会場に近いホテル

入学試験は冬の寒い時期に実施されます。雪が積もり交通機関が麻痺することもあります。

京都でもこの時期に雪が積もることがあります。最悪の場合でも歩いて受験会場までいけるローケーションのホテルに泊まることが理想です。

ホテルから試験会場までの交通手段がわかりやすいホテル

受験会場まで徒歩でいけるロケーションが理想的ですが、数に限りがあります。

ちょっと離れた場所でホテルを予約する場合でもなるべく乗換えが少ないわかりやすいロケーションのホテルを選びましょう。可能であれば前日に一度受験会場まで足を運びましょう。

 

ある程度のクオリティのあるホテル

シティホテルや安いホテルの場合部屋が乾燥しすぎる場合があります。毎年このせいで風邪を引いて本領の発揮できない受験生がいます。なるべくクオリティが高く、いいホテルを選びましょう。

値段の関係で安いホテルしか取れない場合でも、濡れタオルを部屋にかけるなどの対策を心がけましょう。

あわせて読みたい