二十四節気を覚えよう!

本日3月21日(旧暦2月21日)は二十四節気の一つ春分(しゅんぶん)です。

春分とは昼夜の長さがほぼ同じになる日。暦便覧によると「日天の中を行て昼夜等分の時なり」。

しかし厳密には昼の方が夜より少し長い。

受験生にはあまり関係はないが「春分の日」は「国民の休日」となっている。
国公立大学中期・後期日程の合格発表の時期でもあるので、合格が確定しない受験生にとっては落ち着かない時期である。
無事に合格してこれから迎える春を謳歌したいものである。

ノーベル賞を目指すなら東大

ちなみに2014年東京大学後期日程の合格発表は明日3月22日。

次の二十四節気は4月5日清明(せいめい)です。


関連記事

あわせて読みたい