国語と英語のお勉強

Q:「舌のの乾かぬうちに」と「舌のの乾かぬうちに」、どちらが正しいでしょうか?

A:「舌の根の乾かぬうちに」が正解です。

この諺(ことわざ)の意味:言い終わるか終わらないうち。言い終えてすぐに。

例文:舌の根の乾かぬうちに、彼は自分の言ったことを否定した。

「舌のの乾かぬうちに」は間違いなのですが文化庁の発表によると実に28.1%の人が「舌の」という言い回しを使っているようです。

ちなみに「舌のの乾かぬうちに」を英語で言うと。

No sooner were the words out of his mouth

No sooner were the words out of his mouth than he denied what he had said.
日本語訳:舌の根の乾かぬうちに、彼は自分の言ったことを否定した。

あわせて読みたい