二十四節気を覚えよう!

本日1月20日は二十四節気の一つ「大寒(だいかん)」です。

暦便覧には「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と記されています。

大寒(だいかん)の意味は一年でもっとも寒さが厳しい時季

さてさて、昨日までのセンター試験はいかがでしたか?受験生の皆さんは自己採点に励んでいる頃ですね。

センター試験の結果は寒いものではありませんように。と願うばかりですが、

結果はどう転んでも変わりません。

今回の結果を踏まえて願書を提出する大学を選びましょう。

寒い冬の受験生

 

 

二十四節気はその季節を読み解く上で重要な言葉です。 二十四節気がそのまま和歌や俳句の季語として用いられることもあります。

本日の「大寒」を機に二十四節気をすべて覚えておきましょう。

そして二十四節気の度に復習しましょう。

次の二十四節気は「立春」。2月3日です。


関連記事

あわせて読みたい