世界史の勉強法

歴代のアメリカ大統領一覧はコチラ⇒歴代のアメリカ大統領一覧

 

アメリカ星条旗
星条旗

歴代アメリカ大統領45人のうち、絶対覚えておきたいアメリカ大統領24人
主な実績や覚えておきたいポイント

  • 初代 ジョージ=ワシントン  (初代大統領)
  • 3代 トーマス=ジェファーソン (独立宣言の起草者、1803年ミシシッピ以西のルイジアナをフランスより購入)
  • 5代 ジェームズ=モンロー (1823年 モンロー宣言(教書))
  • 7代 アンドリュー=ジャクソン (ジャクソニアン・デモクラシー、西部出身、1830年インディアン強制移住法)
  • 16代 エイブラハム=リンカーン (1861年~1865年南北戦争、1862年ホームステッド法、1863年奴隷解放宣言)
  • 25代 ウィリアム=マッキンリー (1898年米西戦争、フィリピン・グアム併合、ハワイ併合、1899年ジョン=ヘイの「門戸開放宣言」)
  • 26代 セオドア=ルーズベルト (棍棒外交、1905年ポーツマス条約仲介)
  • 28代 ウッドロー=ウイルソン (1917年第一次世界大戦に参戦、1918年十四カ条の平和宣言を発表、国際連盟を提唱)
  • 29代 ウォーレン=ハーディング (1921年ワシントン条約)
  • 30代 カルビン=クーリッジ (29代・30代・31代⇒黄金の20年代)
  • 31代 ハーバート=フーヴァー (1929年世界恐慌、フーヴァーモラトリアム)
  • 32代 フランクリン=ルーズベルト (1933年ニューディール政策、農業調整法、全国産業復興法、TVA、第二次世界大戦)
  • 33代 ハリー=トルーマン (1945年ポツダム宣言、1947年トルーマン=ドクトリン(対ソ封じ込め))
  • 34代 ドワイト=アイゼンハウワー (巻き返し政策)
  • 35代 ジョン=F=ケネディ (ニューフロンティア政策、1962年キューバ危機)
  • 36代 リンドン=ジョンソン (1964年公民権法、1965年北爆・ローリングサンダー作戦)
  • 37代 リチャード=ニクソン (1971年ニクソン=ショック(ドルショック)、1972年訪中、1974年ウォーターゲート事件で辞任(盗聴事件))
  • 39代 ジミー=カーター (人権外交、ノーベル平和賞)
  • 40代 ロナルド=レーガン (強いアメリカ、1987年INF全廃条約調印(対ソ)、レーガノミクス、双子の赤字)
  • 41代 ジョージ=ブッシュ(父) (1988年ゴルバチョフとマルタ会談、冷戦終結、1991年湾岸戦争(対イラク))
  • 42代 ビル=クリントン (1993年パレスチナ暫定自治協定仲介)
  • 43代 ジョージ=ブッシュ(息子) (2001年9月11日同時多発テロ⇒アフガニスタン攻撃、2003年イラク戦争)
  • 44代 バラク=オバマ (黒人初のアメリカ大統領、2009年ノーベル平和賞)
  • 45代 ドナルド・トランプ (2017年1月20日就任)

 

45代の大統領すべてを覚えるのが理想だけれど、絶対に覚えておきたい大統領24人を掲載しておきました。

主な実績や覚えておきたいポイントも合わせて掲載しています。

 

 

 

 


受験生へメッセージ

このページをプリントアウトして自分の使っているノートや詳説世界史ノートに貼っておこう!

ちなみに星条旗(アメリカの国旗)の星の数はいくつでしょう?

 

星条旗星50個

 

正解は50個です。

1960年にハワイが州に昇格したときから星の数は50個となっています。

 

あわせて読みたい