毎年、東大・京大でおこなわれているスポーツ定期戦があります。

2013年度からその東大・京大のスポーツ定期戦が「双青戦(そうせいせん)」と呼ばれるようになりました。

 

これは東大のスクールカラーが「淡青」、京大のスクールカラーが「濃青」であることに他なりません。

⇒「東大のスクールカラー(淡青)と京大のスクールカラー(濃青)

今までも「京都大学東京大学総合対校戦(09年度)」、「東京大学京都大学総合対校戦(10年度)」などと呼ばれていましたが、「長すぎる!」、「分かりにくい!」、「毎年変わるな!」などいろいろ指摘されていました。

双青戦(そうせいせん)」という呼称ができたことで、より親しみやすい対校戦となることでしょう。

ここ4年は京大の3勝0敗1引き分け。今後の「双青戦(そうせいせん)」が楽しみです。

今年はどちらが勝つのでしょうか!?

 

かつて「東大戦」「京大戦」と呼ばれていた東京大と京都大のスポーツの定期戦が今年度から「双青(そうせい)戦」と改称することになった。関係者は「これを機会に、伝統の両校の熱い戦いがもっと盛り上がれば」と期待を寄せている。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0701I_X00C13A6CR0000/

あわせて読みたい