本日(10月27日)と明日(10月28日)は防衛医大の入試日です。

防衛医大の入試は国公立大学の入試日が2月下旬であることを考えるとかなり早い時期(10月下旬か11月初旬)に実施されます。
防衛医大に照準を合わせて勉強してきた受験生はしっかりと準備ができているでしょうが、滑り止めやお試しで受験する人にはハードルの高い試験となります。
特に現役生の場合、十分な演習ができていない場合が多く、浪人生に有利な受験といえます。
また中高一貫校で高校2年生までに全範囲が終わっており十分な受験対策をしている学校の生徒には有利といえますが、高校3年の2学期になっても全範囲が終わっていない進度の場合、かなり苦しい戦いになります。
来年以降防衛医大を受験する可能性のある人は、しっかりと計画を立て、十分な受験対策をした上で防衛医大の入試にそなえましょう。
特に現役生学校の進度が遅い場合は注意が必要です。
京大の医学部に現役で合格できる実力があっても、防衛医大には受験対策が間に合わず「防衛医大は不合格」いう人も見受けられます。
防衛医大合格には早めの受験対策が重要です

あわせて読みたい