2012年の4月から小学校・中学校・高校の教科書が改訂されます。

 

脱ゆとり教育が鮮明になり教科書のボリュームも大幅に増えております。

3月30日の文部科学省の発表によると中学生の教科書の平均ページ数が改訂前と比べて25%の増加。

 

中学理科に関しては45%増加(中学3年生のイオンなど)

数学に関しては33%増加(2次方程式の解の公式など)

 

社会の教科書に「竹島」と「尖閣諸島」は日本固有の領土と記されている。

 

強い日本を復活させるためには「教育」が大切です。勉強量のベクトルは上向いたかもしれませんが

昔と比べるとまだまだ内容が少ないということを忘れてはいけません。

 

 

 

 

 

あわせて読みたい