2010年7月1日から、中国人個人旅行客の日本観光ビザ発給条件が緩和されました。

今までは年収25万元(約327万円)以上のいわゆる富裕層にしか日本観光ビザが発行されていませんでした。

昨日(7月1日)からは年収約10万元(約130万円)以上、もしくは国際的に有名なクレジットカードのゴールドカードを所持していれば発給用件を満たすようになった。

 

これによりビザ発行条件を満たす中国人はおよそ1600万人にのぼる。この数は現在の10倍にのぼる。

日本に訪れる中国人の数もかなり多くなることは間違いない。

 

現状でも中国人の購買力はかなりのものがあり、今後の観光客増加にともない、更なる経済効果が期待できる。

 

このチャンスを逃さないために多くの企業が中国語に力を入れている。

中国語を話せるスタッフを雇用したり、既存の社員に中国語を勉強させる企業が増えている。

学生のうちに中国語を習得しようとする大学生も多くなっていくであろう。

 

第2外国語は中国語を履修する学生が増えていくだろう。

あわせて読みたい