人工衛星はやぶさ」が人気を博している。

 

太陽系の起源を調べるべく、小惑星イトカワまで「砂」を採取しに向かっている。

 

衛星はやぶさはエンジントラブルや、数々のトラブルを乗り越え、無事に惑星イトカワにたどり着いた。

 

地球と惑星イトカワの距離は3億キロ。

 

7年の歳月をかけて2010年6月に地球に帰ってきます。

 

 

衛星はやぶさ

 

昨日、日本人宇宙飛行士を乗せたスペースシャトルが発射されました。

宇宙に思いを馳せ、宇宙に行くためには、多くの知識と努力が必要です。

 

まずはしっかりと知識を蓄え、大学で学び、夢に向かって努力すれば

宇宙飛行士になることも可能だ。

 

 

昨日宇宙に旅立った山崎さんも東京大学で学び、宇宙飛行士になる夢を叶えた。

 

夢を持てばモチベーションも上がる。

あわせて読みたい