京都大学をはじめ国公立大学の合格発表がおこなわれました。

 

今年も多くの受験生が夢をかなえ、希望の大学に受かっていきました。

しかし、合格した受験生に忠告です。

 

入試に合格することがゴールではありません。

大学入学後、大学で学び、社会に出る。社会に出てその後どう生きていくか。

 

まだまだ先は長いのです。

 

大学に合格することは自分の長い人生の中の通過点に過ぎません。

 

 

多くの受験生は大学に合格後、大学で遊びふけってしまいます。

大学受験までは『大学受験』という大きな目標があったので『目標に向かって頑張ることができたのです』。

 

大学に入ると『自分で目標を設定』しなくてはなりません。

将来どんなことをしたいのか。その為にはどんな知識や、どんな資格が必要なのかを考え、その目標に向かって進まねばならない。

 

受験が終わって、ちょっと一息つくのはいいことだが、なるべく早い段階で次のステップに進まなければならない。

 

 

あわせて読みたい