今年は景気の悪さが反映して国公立大学の人気が高まっている。

授業料が安くて自宅から近い国公立が特に人気のようだ。

 

昨年(2009年)も同様に『安・近』が選ばれる条件となっていたが今年の国公立大学倍率情報を見ると昨年以上に厳しい倍率となっている。

 

併願私立大学への出願数も減っている。受験料で稼ぐ私立大学には厳しい状況になっているだろう。

 

今年は浪人覚悟で国公立大学だけに出願する学生も多そうだ。

 

あわせて読みたい