今年は新型インフルエンザが猛威を振るっています。

厚生労働省によると

新型インフルエンザと通常のインフルエンザの違いは

新型のインフルエンザは誰も免疫をもっていないため、通常のインフルエンザに比べると、感染が拡大しやすく、多くの人がインフルエンザになることが考えられます。そのため、感染の拡大を防ぐために十分な施策が必要となります。

主なインフルエンザの 治療方法は抗インフルエンザウイルス薬(タミフルリレンザ)です。

日本ではこの抗インフルエンザウイルス薬(タミフルリレンザ)の備蓄は3380万人分だそうです。

日本人全員が感染したら足りませんね・・・・。

 

インフルエンザの主な感染方法

①【飛沫感染】感染した人の咳、くしゃみ、つばなどとともに放出されたウイルスを健康な人が吸い込むと感染することがあります。

②【接触感染】感染した人がくしゃみや咳を手で押さえた後や鼻水を手でぬぐった後に他のもの(机、ドアノブ、つり革、スイッチなど)に触ると、ウイルスが付着することがあります。その付着したウイルスに健康な人が触れた後に目、鼻、口に再び触れると、粘膜・結膜などを通じて感染することがあります。

インフルエンザウイルスを持った人の近くに行かないことが重要ですね。学校や塾、予備校もしかりです。各学校や予備校、学習塾によって対応は違いますがマスクをするなど自分でもインフルエンザ対策はしておきたいところです。

受験生の方はこれを機に医学部を目指してみるのもいいかもしれません。君の研究が数千万人の命をすくうことになるかもしれません。

法学部を受験し、国家一種試験に合格し厚生労働省で働いてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

あわせて読みたい