好きこそものの上手なれ

京大で学んでいたころ体育の授業(D郡)でバトミントンの授業を受けていました。

 

『どうしたらバトミントンが上手くなりますか?』と質問したところ

バトミントンの女性の先生が孔子論語を引き合いに出して言いました。

これを知るものはこれを好むにしかず。これを好むものはこれを楽しむにしかず。

しかず=如かず(及ばない、かなわない)

 

バトミントンについていくら知っていても、バトミントンを好きでやっている人にはかないません。

バトミントンをいくら好きでもバトミントンを楽しんでいる人にはかないません。

 

要するに彼女がわれわれに伝えたかったことは

バトミントンを楽しみなさい

そうすれば

バトミントンを好きになります

そうすれば

バトミントンが上手になります

 

 

どうすればバトミントンが上手になりますか? 』という質問に

バトミントンを楽しみなさい』という答えで返してくれたのです。

当時なるほどと感心したものです。

 

受験生に『どうすれば勉強ができるようになりますか? 』と聞かれると

 

勉強を楽しみなさい

 

と答えます。

もちろん孔子の論語京大のバトミントンの先生を引き合いに出して。

あわせて読みたい