小林誠』さんがノーベル物理学賞を受賞しました。

2008年度のノーベル物理学賞は日本人が3人同時受賞しました。

物理学賞としては、湯川秀樹(1949年)、朝永振一郎(65年)、江崎玲於奈(73年)、小柴昌俊(2002年)の4氏に続く授賞です。

小林さんと益川さんの『ノーベル物理学賞』受賞内容は

『クォークの世代数を予言する対称性の破れの起源の発見』(小林・益川理論

小林さんの出身大学は名古屋大学です。

ノーベル物理学賞を受賞した小林誠さんの経歴

 

1967年:名古屋大学大学院理学研究科卒業

1972年:京都大学助手就任(同僚の益川さんと小林・益川行列)

1979年:高エネルギー物理学研究所

2007年:独立行政法人日本学術振興会理事

元内閣総理大臣の海部俊樹さんは小林誠さんの従兄弟

 

ノーベル賞受賞者の本を読んでみよう!

おかげさまでにほんブログ村 大学受験ランキングで1位になりました。ありがとうございます。m(__)m

あわせて読みたい