英語の勉強法(基礎編1)語彙

英語の勉強法目次はコチラ⇒英語の勉強法

暗記法

大学入試英語の勉強法【基礎編】

語彙力

文法書

文法・語法演習

////////////////////////////////////

大学入試英語の勉強法【基礎編①】語彙力

語彙『ごい』とは『大辞林』によると

/////////////////////////////////////////////////////

ある一つの言語体系で用いられる単語の総体。言語体系をどのように限るかによって、内容が変わる。日本語という限り方をすれば、日本語の単語全体を意味し、漁村・農村あるいは特定の職業など、ある領域に限れば、その領域内で使われる単語の全体を意味し、ある個人に限れば、その人の使う語の総量を表す。
「漱石の―」「―が豊富だ」

/////////////////////////////////////////////////////

英語ではVocabulary(ボキャブラリー)

////////////////////////////////////////////////////

一般的には単語力のことであるがここでは

A:英単語

B:英熟語

の2つに分けて考えていこう。

A:英単語

必ず一冊の単語帳を極めよう。よほど簡単な英単語帳でない限り一冊の単語帳に絞ろう。

学校や塾、予備校で与えられた英単語帳があればその中から極める単語帳を決めよう。

高卒認定から大学受験を考えている人や、どうしても新しい単語帳を使いたい人には『ターゲット1900』をお勧めする。この『ターゲット1900』は入試にでる(入試に実際にでた)英単語を出る順に並べている単語帳です。

難関国公立大学や難関私立大学、外国語大学、外国語学部、医学部を受験する人は1900の英単語すべてを完璧に覚えよう。

(1900語だけでなく派生語など掲載されているものはすべて覚えること)

そこまでの単語力の必要がない人は後半部分の『難解な英単語』部分は無視しても良い。

また『ターゲット1900』はCD版も発売されているので『ipod』などを活用し学校への通学時に覚えることも可能だ。

B:英熟語

英熟語帳も一冊やりこみたいところだが、英単語帳をやりこむことのほうが重要だ。

詳しくは⇒『英熟語参考書

またお勧めの辞書については⇒『お勧めの電子辞書

大学受験ホームページランキング←大学受験関連のホームページがたくさん登録されています。

受験勉強法ランキング←受験勉強法ブログのランキング

 

おかげさまで受験勉強法ランキングランキングで1位になりました。

ありがとうございますm(_ _)m

あわせて読みたい