世界史の勉強法基礎編

文系・理系共通部分(センター試験対策)

理系の学生でも偏差値90以上を獲得した勉強法です。

 

まず、基本となる3冊のバイブルです。

①教科書

②詳説世界史ノート

10分間テスト 一問一答式の問題集は学校で購入しているものがあればそれでかまいません。

 

教科書も学校で使っている教科書でオッケーです。

教科書をチェックペンでマークしていき、チェックシートを使い徹底的に読み込んでいきましょう。

②の詳説世界史と③の一問一答式で各分野ごとの知識定着を図りましょう。

 

上記①②③の基本バイブル以外に

世界史用語集

があるとよいでしょう。

用語集は辞書代わりに使います。模試や定期テストで出てきた知らない用語はすべて調べます。

そして①、②に書き加えていきます。

(用語集の各用語の横にある数字は何冊の教科書に載っているかという重要度ですので、数字の大きな用語は要チェックです。)

①、②を世界史のバイブルに仕上げていくのです。

日本史と違い世界史はいろいろな国にまたがって勉強する必要があります。

勉強する国がころころ変わるので、ひとつの国の歴史的なつながりが見えにくくなってしまいます。

そこで便利なのが、国別にまとめられた『各国別世界史ノート』です。

①~⑤で世界史の基礎は完璧です。

世界史の勉強法(センター試験編) ←近日UP予定

世界史の勉強法(私大・2次個別試験編) ←近日UP予定

大学受験ホームページランキング←大学受験ホームページはこちら
大学受験ブログランキング←大学受験ブログはこちら(東大受験コミュニティもあるよ)

おかげさまでにほんブログ村 大学受験ランキングで1位になりました。ありがとうございますm(_ _)m

 

あわせて読みたい