2008年2月26日に実施された京都大学の前期入試試験で出題ミスがありました。

『世界史B』の試験問題で出題ミスがあったのですがその内容は

 

地理歴史の世界史B問題W問い18の問題文で

ソ連が1987年に米国と結んだ核軍縮条約名を問う問題で誤って1986年と記していた。 』

対応措置としては問題W問18については、全員正解とした。

(ちなみにこの問題の答えは『中距離核戦力全廃条約』である。)

これに伴い、総合人間学部文系、文学部、教育学部文系、法学部、経済学部の5学部を受験した1060人全員を正解とし1点(100点満点換算)が与えられた。

以前、京都大学では化学での出題ミスがあったことも記憶に新しい。

実際の受験時に出題ミスに出くわす可能性も捨てきれない。

 

受験の際の注意点としては

出題ミスと思われる問題についてはさらっと流し、あまり時間を掛けないことだ。

東大入試や京大入試、センター試験においても出題ミスは起こりうるということを知っておき、その問題に時間をとられすぎないように気をつけよう。

 

あわせて読みたい